借金地獄になったそのカラクリはクレジットカードの仕組みにあった!

借金地獄に陥った原因

借金地獄に陥った原因

★クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシングをやり過ぎて、借金地獄になるケースは大手や一流企業のサラリーマンに多いんです。
クレジットカードのキャッシングは、銀行または郵便局のATM代わりに使っていませんか?
キャッシングの仕組みのせいで、借金地獄になっていることがあるんです。

クレジットカードのキャッシングの仕組みがどうして借金地獄へ陥れるのか見てみましょう。

AさんとBさんの事例

★あれ?キャッシング枠が広がっていた?

Aさんの場合
年収700万円のAさんは、借り入れ5社800万円の借金を抱えていました。
Aさんは典型的な独身貴族。お給料をあるだけ使う生活をしていました。
リーマンショック以降、お給料は減給とボーナスカットで今までの生活するには、お金が足りない状況になってしまいました。
生活を落としたくないAさんは、クレジットカードのキャッシングを使い、足りない部分を補っていました。
キャッシングの限度額は10万円。
限度額のギリギリまで使っていたため、無理なく返済はしていました。
しばらくして、限度額が50万円に広がっていたことに気づいたAさんは、「使い道が増えてラッキー!」とキャッシングをし続けました。

後に分かったことですが、弁護士が調べた結果、Aさんが持っていた5枚のクレジットカードは、使えば使うほど限度額が増えているという仕組みになっていたことが判明。
借金がドンドン膨れ上がっていき、Aさんは年収よりも多い800万円の借金を作ってしまったのです。
知らない内に限度額が広がっていくケースもあるのです。

★銀行のATM代わりに使って借金1000万円!

Bさんの場合
商社勤務
面倒見が良いBさんは体育会系のノリの持ち主。
後輩の飲み代、社員旅行の下見も全て自腹。
ワリカンが嫌いなBさんはいつも「おごって」いました。
それに加えてギャンブルが好きという始末。お金がいくらあっても足りません。
Bさんの悪い癖はクレジットカードのキャッシングを銀行のATMのように使っていため、1日に10万円。
生活費に20万円とキャッシングしていました。
キャッシングしたお金で奥さんに生活費を渡しているなんて家族は気づきません。むしろ、お金の管理かしっかりしていると発覚するまで思っていたそうです。
Bさんはバブル世代を生きた人。
クレジットカードは10枚持っています。
商社勤務なため、クレジットカードを何枚も作れるので、全部のカードの限度額をいっぱい使えば、1000万円くらいの借金になってしまったのです。
Bさんは自分が月に何円返済に回しているのか、分からなくなってしまい弁護士に相談しに行きました。

弁護士さんの計算で、とんでもないことがわかりました。
金利が15%の場合、利息だけでも150万円です。利息だけでも月12.5万円は払っていくことになります。
利息分のせいで、払っても払っても借金が減らないという仕組みになっているんです。
Bさんは債務整理の個人再生を使い、1000万円あった借金を200万円に減額をして、月5万円?6万円を家族に内緒で住宅ローンと一緒に支払う毎日を送っています。

★借金地獄からの脱出するためには

AさんとBさんの事例をご紹介しました。
いかがでしたか?
けっこうクレジットカードのキャッシングや利息の恐ろしさがご理解していただけたと思います。
借金地獄からの脱出を考えましたが、借金を膨らむ前に、専門家に相談することが大事だと思うんです。
AさんもBさんも、弁護士に相談をして債務整理を行い、生活を立て直しています。
手を遅れになる前に、専門家の力を借りるという方法も見つけておきましょう。