借金を一本化

借金を一本化してまとめ返済

借金を一本化してまとめ返済

★複数の金融業者から借りた場合

複数の金融業者から借りた借金は返済日もまばらで、お金を用意をする手間ががかります。
複数の金融業者から借りた借金を一本化をすれば返済日も同じで返済するのも楽になるのではないかと思います。

はたして借金を一本化をして返済する方法を考えて行きましょう。

まとめ返済のメリットとデメリット

★返済にお得?借金(ローン)の一本化のメリットとデメリット

東京スター銀行に「東京スター銀行 まとめローン」という商品があります。
口コミでは、「まとめローン」のなかでは評判が高い商品です。
借金返済に一役買っているという「まとめローン」のメリットとデメリットを見ていきましょう。

▲まとめローンのメリット

まとめローンのメリットは借金を一本化して、まとめ返済するローンです。
20歳以上で一定の収入があることが、まとめローンの利用条件になります。
特に、東京スター銀行は複数社から借りた借金を1つにまとめて、毎月の返済を1回に出来るのが特徴です。

・まとめローンのメリット
・複数社から借りた借金を1つに出来る
・金利が安い
・手数料などの諸費用を少なく出来る
・審査は通りやすい
・少額から利用することが出来る
・信用情報機関に情報が記憶されることがない
・借金の負担を軽減が出来る

債務整理はブラックリストに載りますが、まとめローンを利用して、借金の返済をした場合、ブラックリストに載ることはありません。
任意整理以外にも負担を軽減しながら、借金を返済できる方法があるのです。

▲まとめローンのデメリット

・借金を一本化することにより、月々の返済額が増える
・複数社の数が多いほど審査が通らないことも
・返済が怠っていると、まとめローンが利用できないこともある
・ブラックリストに載らないため、借金を繰り返してしまう

まとめローンの審査が厳しくなるポイントは、5社以上から借り入れしていることです。
何故なら?また借金してしまうのではないかと懸念があるからです。
債務整理の場合は、返済期限が決まっています。弁護士が作成した返済計画に基づいて完済を目指します。
弁護士という監視役がいないため、借金を繰り返してしまう人もいることも然りです。

★まとめローンで完済を目指すには

まとめローンで完済を目指すには金利の確認が大切です。
金利が低い、まとめローンの商品がある銀行を調べてみました。

・金利の低い銀行
・住信SBIネット銀行カードローン 年1.99%?7.99%
・みずほ銀行カードローン 年3.0%?7.0%
・イオン銀行カードローン 年3.8%?13.8%

金利の次に確認することは限度額です。
・限度額が広い銀行
・みずほ銀行カードローン 限度額1000万円
・住信SBIネット銀行カードローン 限度額1000万円(10万円単位)

信用度が高い銀行
・東京スター銀行まとめローン 金利5.8%?14.8%
借入金額 30万円以上?1000万円以下(1万円単位)
限度額 30万円以上?300万円以下(10万円単位)

★知っておこう!乗り換えローンの知識

借金を一本化するためには「乗り換えローン」と「まとめローン」があります。
乗り換えローンは低い金利のローンに借り換えて、借金を一本化にして返済していく仕組みです。
そして、新たに借り入れが可能です。
・住信SBIネット銀行カードローン
・みずほ銀行カードローン
・イオン銀行カードローン
これらの銀行のカードローンは乗り換えローンです。
まとめローンと乗り換えローンで借金を返済をする方法は、アリだと思います。
しかし、借金の滞納がないこととか条件がありますが、まとめローンの存在を知っておくと何かと役に立ちます。